News

インテリジェント・ライン・セレクター IS205を新発売

2015.03.06 UP

複数のアクティブスピーカーの音質比較時などに必須のインテリジェント・ライン・セレクター。

サブウーハーとの接続も考慮した最大5系統の出力切り替えと高性能リレー回路による高品位設計。

IS205_front_620x394

製品名:IS205 インテリジェント・ライン・セレクター

標準価格:¥25,000+消費税

発売予定:平成27年3月中旬

製品ページ

 

主な機能と特長

●最大5系統の出力を切り替えることで、ワンタッチでIS205に接続したアクティブスピーカーやアンプ+パッシブスピーカーの音質比較などを行うことが可能です。さらに5系統のうち1系統(アウトプット5)は独立してON/OFFが可能なため、例えばメインスピーカーとサブウーハーを同時に鳴らしながら、サブウーハーの出力だけをON/OFFして重低音の効果を確認することもできます。
●入力は背面のRCAピン端子と正面のステレオミニ端子の2系統を装備。CDプレーヤーと携帯型メディアプレーヤーなど、ワンタッチで2つのソースを切り替えて聴くことが可能です。また、音量調整が可能な入力ボリュームを装備しています。
●入出力信号の切り替えには高性能リレー回路を採用し、安定した動作を実現しました。
●「自動切り替え機能」を装備。背面のDIPスイッチ設定により、5秒~35秒(5秒きざみ)のインターバルでアウトプット1~4を連続して自動的に切り替えることが可能です。
●アウトプット1~5のスイッチは個々に有効/無効の設定が可能で、耐久性が高い2色LED照光式プッシュスイッチを採用し、抜群の視認性を実現しました。「黄」が選択中、「緑」が未選択(「消灯」でスイッチ無効)、と一目で鳴らしているスピーカーを認識することができます。「自動切り替え機能」動作中の選択確認にも威力を発揮します。
●「オートスタンバイ機能」により、アウトプットが選択されていない状態が約4時間続くと、自動的にスタンバイ状態になり消費電力が0.5W以下になる省エネ設計です。本機能は背面のDIPスイッチ設定によりON/OFFも可能です。

IS205_back_620x394

入出力端子や電源・設定用DIPスイッチが並ぶ背面側

ニュースリリース