AP Series

AP20dパーソナル・アンプ

  • AP20d_naname_m

  • AP20d_top_m

    上面

  • AP20d_front_m

    正面

  • AP20d_back_m

    裏面

ハイレゾ対応、D級20W+20Wアンプ

AP20d

P804-S などのハイレゾ・スピーカーに対応。PRE OUT端子を装備しアクティブサブウーハーとの接続にも対応。

標準価格

¥14,800+消費税

特長

●デジタルアンプを搭載したコンパクトなハイレゾ対応パワーアンプです。ご好評のAP05/AP15dに続き、小型パーソナル・パワーアンプのラインナップを拡充。電源回路や各種パーツを見直し、ハイレゾに対応するとともに音質を大幅に向上。出力も20W+20W(4Ω)に増強しました。P802-S/P803-S/P804-Sなどのハイレゾ対応パッシブスピーカーと接続することで、手軽にハイレゾシステムを構築できます。

 

● PCやメディアプレーヤーなどの各種音楽ソースを入力し、スピーカー端子に弊社かんすぴシリーズのパッシブスピーカーなどを接続するだけ。もちろん、接続用のステレオミニケーブル(0.8m)/ステレオRCAケーブル(1.5m)やスピーカーケーブル(1.5m)×2本も付属しています。

 

●入力端子は、フロントパネルのステレオミニ端子に加えてリアパネルにRCA ピンも装備。CDプレーヤーなどの入力ソースを常時接続しておく場合などに便利です。※入力信号はステレオ・ミニジャックが優先です。ステレオ・ミニジャックとRCAピンの同時入力はできません。

 

●PRE OUT端子を装備し、ボリュームを経過後の信号を出力可能です。アクティブサブウーハーの接続にご使用頂けます。

 

●自動的に消費電力を抑えるオートスタンバイ機能を装備。この機能はON/OFF が可能ですので、再生機側の出力レベルを絞った際などに意図しないタイミングでスタンバイ状態に切り替わってしまうことも回避できます。

ページトップに戻る

仕様

主な仕様

最大出力

20W+20W(負荷4Ω)、12W+12W(負荷8Ω)

適合スピーカーインピーダンス
4Ω~8Ω
周波数特性

20Hz~40kHz

全高調波歪率

0.01%(出力3W、負荷8Ω、1kHz)

S/N比

100dB以上

入力端子

ステレオ・ミニジャック、RCAピン×2/入力感度:1V

※入力はステレオ・ミニジャックが優先。両入力の同時入力はできません。

PRE OUT端子

RCAピン×2

※ボリューム経過後の信号が出力されます。

電源

DC15V(専用ACアダプター付属)

消費電力

60W(最大)、1W以下(スタンバイ時)

外形寸法

108mm(W)×42mm(H)×138mm(D)※突起物含む

質量

520g

付属品

ACアダプター×1ヶ、スピーカーケーブル(1.5m)×2ヶ、ステレオミニケーブル(0.8m)×1ヶ、ステレオRCAケーブル(1.5m)×1ヶ

使用上の注意

※本機に付属のACアダプター以外は使用しないでください。

※本機の一つの出力に対して、インピーダンス4~8Ωのスピーカー、スピーカーシステムを一台、直接接続してください。

※本機の出力に接続出来る機器は、アンプを搭載しないパッシブのスピーカーユニットやスピーカーシステムです。他の機器(アンプなど)の入力や出力を接続しないでください。

※電源のON/OFFは本体の音量ボリューム兼用の電源スイッチで行ってください。外部に設けたスイッチ等で電源をON/OFFすると本製品や接続したスピーカーを破損する恐れがございます。

※本製品は個人が私的に使用されることを前提とした製品です。業務用途・設備用途でのご使用につきましては、動作・性能の保証及び弊社製品保証規定の適応は致しかねます。

※本製品は欧州RoHS指令に対応しております。

ページトップに戻る

製品資料

各種製品資料をダウンロードいただけます。
PDF ファイルをご覧いただくには Acrobat Reader が必要です。

取扱説明書、製品仕様書、製品画像は、営利・非営利問わず無料でご使用いただけますが、著作権は弊社に帰属しています。
(使用に関しては許諾申請及び商品名などのクレジット表記は必要はありません)
販売、賃貸、賃与、再配布などの行為は禁止します。また、製品本体の販売の妨げになるような使用は禁止します。

ページトップに戻る

よくあるご質問

適合スピーカーインピーダンスの範囲外のスピーカーを接続したらどうなりますか?

 

AP20dが故障する可能性がございますのでお止めください。

特に適合スピーカーインピーダンス値以下(4オーム以下)のスピーカーユニットを接続されますと、最悪の場合にはAP20dが発熱・発火する可能性がござますので、絶対に接続してご使用されないでください。

 

適合スピーカーインピーダンス値以上(8オーム以上)のスピーカーユニットを接続された場合には、音量が小さい、音質が落ちるなどの症状がおこる可能性がございます。

 

適合するインピーダンスのスピーカーユニットをご使用ください。

 

スピーカー出力端子の先にセレクターを接続して複数のスピーカーを切り替えて使用できますか?
スピーカー出力端子には適正なインピーダンスのパッシブスピーカー以外のものを接続しないでください!!
スピーカー切り替えスイッチ等を接続いたしますと故障の原因となります。

スピーカー出力端子の黒(-)側は、左右共通回路ではございません。
スピーカー出力端子の黒(-)側は、シャーシグランドとも共通ではございません。

赤(+)側だけを切り替えるセレクターや、黒(-)とシャーシグランドが共通になっている機器とスピーカー端子を接続しますと故障の原因となります。

接続の切り替えは、ケーブルの差替えを行っていただきますようお願いいたします。

また、1つのスピーカーに対して複数のアンプに接続(配線)することも行わないようお願いいたします。

 

ページトップに戻る