D Series

D2424LVmk2デジタル・マルチレコーダー

D2424LVmk2
生産終了

バックアップ用CFスロットを標準搭載。PCとのWAVファイル交換に対応。マルチに活躍するProfessional 24トラック。

標準価格

¥298,000

特長

マルチに活躍するProfessional 24トラック

●6種類の非圧縮記録フォーマット(16bit / 44.1kHz、16bit / 48kHz、24bit / 44.1kHz、24bit / 48kHz、24bit / 88.2kHz、24bit / 96kHz)を選択可能。

 

●高品位24bitADDAコンバータ(AK4528/AKM製)を採用。

 

●24bit/48kHz~16bit/44.1kHzフォーマット時は、24tr+32アディショナルtr。24bit/96kHz、24bit/88.2kHzフォーマット時は、8tr+48アディショナルtr。

 

●TRSフォーン・バランス/+4dBu(アンバランス/-10dBVに切り換え可)入力を24ch搭載。adatOPTICALでの24tr同時録音だ けでなく、アナログ24トラック同時録音を実現。

 

※adatOPTICALはS/P DIFと切り換えて使用可能。

※adatOPTICALは96/88.2kHzには対応しません。

WAV及びDAT形式でのImport/Exportもサポート

●3.5インチE-IDEタイプ・ハードディスクを入れ替え可能。記録可能時間は、16bit/44.1kHzフォーマット時に約15,100分、24bit/96kHzフォーマット時に約4,600分(80GB HD使用時のモノトラック換算時間。
※D2424LV本体にHDは付属しません。別途お買い求めください。

 

●HDに録音したプログラムデータをFATフォーマットされたCFカードへWAV及びDAT( *FDMS-3)形式でセーブ/ロードが可能。

 

●WAVファイルの書き出しはFAT16/32フォーマットされたCFに対して、任意トラックの指定区間書き出しが可能。またWAVファイルの取込時にはトラックの指定が可能。
※FAT16で扱える最大容量は最大2GBになります。

 

●ADAT/DAT(44.1/48kHz記録フォーマット時のみ)へのセーブにも対応。

タイム・ジャンプUNDO&非破壊編集

●コピー・ペースト/ムーブ・ペースト(99回までリピート指定可能)やイレースなどの非破壊編集機能。

 

●日付/時間表示をガイドに編集前の状態へ戻ることが可能な、無制限タイム・ジャンプ・マルチUNDO機能(UNDO回数はディスクの空き領域に依存)。

 

●エンベロープ表示が可能なオーディオ・スクラブ機能。編集点のプレビューも可能。

 

●ジョグ・ダイヤルでのデジタル・スクラビングやシャトル・ダイヤルによる音声キューイング。

 

●任意のトラックを入れ替えるトラック・エクスチェンジ機能と、トラック・ネーム設定機能。

 

●自由にソングネーム設定が可能な、99曲のプログラム・セレクト機能。

多彩なロケート機能

●プログラムを任意の順で連続再生可能な、プログラム・チェーン・プレイ機能を搭載。任意区間の指定や、AUTO PLAY/PAUSEのモード指定が可能。ステージ音響の送り出しに活躍。

 

●99のロケート・メモリーに対するリコール・ロケート及び、PREV/NEXT ロケートが可能。

 

●マーク・ストップ機能により、ロケート・ポイントで自動的に走行停止が可能。

 

●リハーサル機能付きオート・パンチイン/アウト、オート・リターン/プレイ機能。

 

●ABS、MTC(LTC)、Bar/Beatの3種類のタイムベース。

 

●デタッチャブル・コントローラは、最大10mまで延長可能(オプション8551B×2本使用時)。

 

●停止時に自動的にALL INPUTモニターに切り換わるAUTO EEモード装備。

 

●フットスイッチによるリモート・パンチイン/アウトに加え、PLAY/STOPの操作が可能。

充実の同期/調相能力

●豊富なMIDI機能(テンポマップによるMIDIクロック&S.P.P.出力、MTC/MMC/Fostex System Exclusive)。

 

●ABS 0を任意の時刻に設定可能なMTCオフセット機能。

 

●選べるスレーブ・モード。一度CHASE LOCKした後に自動で自走に切り替わるONCEモードなど、使用状況に合わせた同期システムの構築が可能。

 

●WORD I/O標準搭載。

 

●D-Sub9pinリモート端子を搭載。RS-422通信でのコントロールが可能(P2プロトコルに準拠した各種エディターとのシステム構築時には、オプション8346の装着が必要)。

8346 TC/SYNCカード装着による追加機能

●外部LTCに対するスレーブ走行が可能。さらにCHASEオフセット機能により、外部からのLTC/MTCに対して時間差を保った状態でのスレーブ走行が可能。

 

●外部からのVIDEO信号に調相可能。VIDEOへの調相を図ることで、P2プロトコルに準拠した各種エディターとのシステム構築が可能。

 

●内部タイムコード・ジェネレーターや外部タイムコードの記録が可能な、仮想タイムコード・トラック機能。

 

●ABSを変換したタイムコードまたは仮想タイムコード・トラックに記録されたタイムコードをLTC出力可能。

 

●内蔵時計の時刻(RTC)または指定時間からのジェネレート(FREE RUN)に加え、外部タイムコードとのFORCE JAMが可能なタイムコード・ジェネレーターを内蔵。録音時に連続した仮想タイムコードを記録(REC RUN)することも可能。

 

●タイムコード・フレーム・レートは、6種類(24 / 25 / 30ND / 30DF / 29.97ND / 29.97DF)に対応。

ページトップに戻る

仕様

ページトップに戻る

製品資料

各種製品資料をダウンロードいただけます。
PDF ファイルをご覧いただくには Acrobat Reader が必要です。

取扱説明書、製品仕様書、製品画像は、営利・非営利問わず無料でご使用いただけますが、著作権は弊社に帰属しています。
(使用に関しては許諾申請及び商品名などのクレジット表記は必要はありません)
販売、賃貸、賃与、再配布などの行為は禁止します。また、製品本体の販売の妨げになるような使用は禁止します。

ページトップに戻る