G Series

G1302スピーカーシステム

G1302
生産終了

低域を増強する3WAYトールボーイ型スピーカーシステム。
G1300をベースに新たに低音用ユニットを加え、さらなるワイドレンジ化を計りました。

標準価格

¥230,000(1台)

特長

G1302_05

低域を増強する3WAYトールボーイ型スピーカーシステム

エンクロージャーは上部2WAY部分と下部低音用に2分割し、それぞれ受け持つ帯域に最適化された容量を持つ、スタガード・バスレフ型。量感とスピード感を追求したそれぞれ専用設計の異なった仕様のウーハーを採用しました。

台座部分には自身で不要な特定共振をしないHP錘を3個取り付け、響きの調整と重量バランスを取ったスリムなトールボーイ型です。

g1302_img_02_m

高音用に20mmリッジドーム型純マグネシウムツィーター

G1300と同様にソフトドームのしなやかなで厚みのある再生と金属の持つ高い応答性を実現する純マグネシウム振動板を採用。G1302用にファインチューニングしたツィーターはよりソフトで滑らかな高域表現をナチュラルな中高音とともに実現しました。
肉声の実体感とピンポイント音像定位を実現するために、クロスオーバー周波数は1.6kHzとし口径20mmのドームツィーターとしては異例の広帯域ハードドームツィーターです。

さらに、ドームを起因とする固有音を排除するためにボイスコイルよりドーム先端までの距離が異なる新開発のリッジドームを採用し、素材面/構造面からも徹底した固有の色づけを廃したリアリティーを求めています。

G1302_07

低域用ロングボイスコイル13cmHRウーハー

広がりと量感のある低域再生を目指し低域用ウーハーにはロングボイスコイル仕様とし、メインマグネットには中・低域ウーハーと同様に120mmフェライト磁石を採用しています。

さらに磁束を強化するブーストマグネットに同サイズのφ120mmのフェライト磁石を使用したダブルマグネット構成としてます。クラス最大級の駆動力を持 つ磁気回路により、高い応答性とともに深みのある低域を再生します。

また、160Hzという低い周波数でのクロスオーバーは使用するコイルにも配慮し、 Hiμ材をコア材に使用した低 損失コイルをG1302のために新たに開発しました。

G1302_06

中・低域用ショートボイスコイル13cmHRウーハー

ウーハーには固有の共振を押さえ、軽くて強靱な振動板形状として開発されたHP振動板に新たな抄紙技術を投入し発展させたHR形状を採用しています。

さらに磁気回路にはメインマグネット、ブーストマグネットともにφ120mmの大型フェライト磁石を使用し、強力な磁束を得ることにより初めて低歪みで優れたレスポンスを実現することの出来るショートボイスコイル方式と してます。

また振動板の素材には繊維同士の強い結着力を持つバナナパルプをベースに、独自の抄紙技術により高弾性カーボンをはじめ数種類に及ぶ新素材を配合し素材ベースから癖の無い軽くて強い振動板を求めました。

芯のある応答性の高い低音再生めざし、さまざまな角度からのアプローチにより13cmの小口径を生かしハイスピードな再生を実現しています。

亜鉛ダイキャストフレーム

ウーハー、ツィーター共に亜鉛ダイキャストフレームを採用しています。

亜鉛ダイキャストフレームはアルミダイキャストフレームに対して高比重・高剛性を有し適度なQを持つためフレームを起因とする歪みを抑え抑制の効いた低音再生を実現しました。

G1302_08

MIDコントローラー

G1300で好評の試聴環境にフレキシブルに対応するMIDコントローラーをG1302にも装備しました。このコントローラーは従来のツィーターのアッテネターのようにツィーター帯域全体の感度を変化させるのではなく、ウーハーとツィーターとの繋がり感をコントロールします。
コントローラーはツィーターに直列に接続されないため、最高音域が変化せずに、懸念される音質劣化がない優れた調整能力を実現しています。

G1302_09

高品位ネットワーク部材/バイワイヤリング対応 銅削り出し金メッキターミナル

入力端子は接点に損失を考慮して銅削り出しの金メッキターミナルを使用し、バイワイヤリングに対応してます。バイワイヤリング接続をしない場合のショート バーによる音質変化にも細心の注意を払い、内部配線に使用している銅・銀合金線をショートバーに使用して音質の劣化を防いでいます。
ネットワークに用いたコイル・コンデンサーはスピーカークラフトユース向けに開発されたこだわりの高品質・低損失のOFC銅箔コイルやコンデンサーを使用しクラスを越えた贅沢なネットワーク素子を採用してます。

G1302_10

ブナ合板・パーチクル・MDF使用のエンクロージャー

エンクロージャー素材には、天然木の響きを重視し剛性の高い18mm厚ブナ合板をバッフルに板に使用し、天・底・側板には豊かな響きと剛性を高める目的 で、9mm厚の板をあえて張り合わせし再合板化した18mm厚のパーチクルボードを使用。裏板には15mm厚のMDFを配し強度分布を最適化し、ナチュラ ルでクリアーな響きを持たしています。

また、仕上げにはバッフルに特長ある木目を持つサテンシカモアを使用し、側板にはブナの柾目天然突き板にピアノ光沢塗装仕上げとしました。

ページトップに戻る

仕様

主な仕様

形式

3Wayバスレフ型

クロス

1.6kHz/160Hz

出力音圧レベル
88dB/W(1m) 2.83V入力時 89.5dB(1m)
再生周波数帯域

40Hz~55kHz (-10dB)

使用ユニット
20mm純マグネシウムツィーター(高音用)
13cmHR形状振動板ウーハー(中・低音域)
13cmHR形状振動板ボトムウーハー(低音域)
インピーダンス

最大許容入力

100W

外形寸法
260(W)×1,050(H)×295(D) mm
(グリル、台座、黄銅フット含む)
質量
31.5kg
エンクロージャー素材
ブナ合板 (バッフル板)
パーチクルボード(天・底・側板)
MDF(裏板)
仕上げ

サテンシカモア天然突き板・ブナ柾目天然突き板 ピアノ光沢塗装仕上げ

カラー
バイオリンレッド(VR)
ファゴットブラウン(FB)

外形寸法

g1302dimens_preview

ページトップに戻る