HP Series

HP-A4DAコンバータ & ヘッドフォンアンプ

  • HP-A4_05

  • HP-A4_04

  • HP-A4_03

    ※ヘッドホンは付属しません。

  • HP-A4_01

  • HP-A4_02

HP-A4

USBバスパワーで手軽にハイレゾ体験を実現するDSD 5.6MHz / PCM 192kHz対応高音質DAC+ヘッドホンアンプ。

標準価格

¥45,000+消費税

特長

●USBバスパワーで動作。


●24bit/192kHz までのリニアPCMオーディオ及び5.6MHzまでのDSDオーディオを再生可能。
  *DSDオーディオを再生するには、パソコンのDSD対応再生ソフトが必要です。本機はDoP方式とASIO方式に対応しています。

 

●HI/LOのゲイン切替(10dB)で幅広いヘッドホンに対応。 

 

●カスタムクリスタル(水晶発振器) によるアシンクロナス・モード( 非同期モード) を採用。 

 

●音源に合わせてロールオフ特性やカットオフ周波数を切り替えられるデジタルフィルターを搭載。 

 

●高音質DAC(バーブラウン製 PCM1792A)を搭載。 

 

●USB Audio Class 2.0に対応。

 

●Windows XP(SP2以降)/Vista/7/8/8.1/10、及びMacOSX10.6以降に対応。 

 *Windowsで使用する際には専用ドライバーのインストールが必要です。

  ユーティリティソフトからダウンロードください。

 *Windows XP 64bit版には対応しておりません。

 

●将来の本体ファームウェアアップデート用にmicroSD(SDHC) カードドライブを内蔵。
  *本機はmicroSD カード上のオーディオデータを再生することはできません。 

 

audioplayer_01

※画像はMac版です。

Fostex Audio Player(フリーソフト)を使用することで高音質ファイル再生をもっと手軽に簡単に実現。 
WindowsおよびMac OSXで動作するハイレゾ音源対応の弊社USB DAC製品専用の高音質プレーヤーソフトウェア「Fostex Audio Player」と組み合わせて使用することでWAVやDSDなどのハイレゾ音源を手軽に高音質で楽しむことが可能。

 

※ファイルが再生されない(エラーメッセージが出る)場合には「FOSTEX Audio Player」アプリ本体と「PLUG IN」フォルダーが同じ階層(フォルダー)にあるかご確認ください。「FOSTEX Audio Player」アプリ本体だけをフォルダから移動させ、「PLUG IN」フォルダーと離れてしまう事が原因で再生されなくなったと言うトラブルのご報告が増えております。「FOSTEX Audio Player」アプリ本体を移動させるのではなく、ショートカットを作成・設置してご使用ください。

ページトップに戻る

仕様

主な仕様

入力
USB端子
コネクタ

Bタイプ(標準)

インターフェース

USBハイスピード

量子化

1bit(DSD)/16bit・24bit(PCM)

サンプリング周波数

PCM 44.1kHz/48kHz/88.2kHz/96kHz/176.4kHz/192kHz

DSD 2.8MHz/5.6MHz

対応OS

WindowsXP(32Bit版SP2以降)/Vista/7/8/8.1/10(専用FOSTEX USB Audio Driverのインストールが必要です)

MacOSX10.6~

DIGITAL INPUT端子
コネクタ

角型オプチカル

フォーマット

S/P DIF

量子化

16bit/24bit

サンプリング周波数

44.1kHz/48kHz/88.2kHz/96kHz/176.4kHz/192kHz

出力
PHONES端子
コネクタ

ステレオ標準ジャック

出力

32Ω負荷時出力:100mW+100mW

300Ω負荷時出力:20mW+20mW

適合負荷インピーダンス

16 Ω以上

THD

0.04%以下(at 1kHz、32Ω負荷、100mW出力時)

周波数特性

20Hz~80kHz±3dB(at 1kHz、32Ω負荷、100mW出力時)

ANALOG OUTPUT(L, R) 端子
コネクタ

RCA ピンジャック

出力

2Vrms

適合負荷インピーダンス

10k Ω以上

THD

0.01% 以下(at 1kHz)

周波数特性

20Hz~80kHz ±3dB(at 基準レベル)

DIGITAL OUTPUT 端子
コネクタ

角形オプティカル

フォーマット

S/P DIF ※DSD再生時は出力されません。

量子化

16/24bit

サンプリング周波数

44.1kHz/48kHz/88.2kHz/96kHz/176.4kHz/192kHz

一般
microSD カードスロット

対応カード:microSD カード(SDHC)

付属品

:USB ケーブル(x 1)、ゴム足(x 4)、取扱説明書(x 1)

外形寸法

:113(W)x 34(H、足除く)x155( D、突起物含む)mm

本体質量

:約500g

電源

:USBバスパワー

消費電力

:2.5W

※本製品は欧州RoHS指令に対応しております。

ページトップに戻る

ソフトウェア

製品を快適にご使用いただくためのソフトウェアをダウンロードいただけます。
使用方法や注意事項をよくお読みのうえ、ご利用ください。

ソフトウェアは、営利・非営利問わず無料でご使用いただけますが、著作権は弊社に帰属しています。 (使用に関しては許諾申請及び商品名などのクレジット表記は必要はありません)
販売、賃貸、賃与、再配布などの行為は禁止します。また、製品本体の販売の妨げになるような使用は禁止します。

ページトップに戻る

製品資料

各種製品資料をダウンロードいただけます。
PDF ファイルをご覧いただくには Acrobat Reader が必要です。

取扱説明書、製品仕様書、製品画像は、営利・非営利問わず無料でご使用いただけますが、著作権は弊社に帰属しています。
(使用に関しては許諾申請及び商品名などのクレジット表記は必要はありません)
販売、賃貸、賃与、再配布などの行為は禁止します。また、製品本体の販売の妨げになるような使用は禁止します。

ページトップに戻る

よくあるご質問

パソコン以外の機器でもUSBで接続して再生ができますか?

本製品のUSBはパソコン(Windows及びMac)専用となります。

電源をパソコンのUSBではなく、AC(家庭用コンセント)-USB電源変換アダプターを使用して動作させることはできますか?

動作させる事は可能でございますが、動作が不安定になったり、性能が出ない場合でも弊社では動作の保証は致しかねますので、ご理解頂いた上でご使用ください。

パソコンで再生していると音飛びが発生する時があるのですが?

Windows OSの場合にはコントロールパネルのFOSTEX ASIO Driver内にある設定画面上でBuffer Sizeを大きくしていただくと改善することが御座います。ただしご使用されるパソコンのパフォーマンスにも影響いたしますので、調整しながらご使用ください。

ご使用になられるパソコンによっては、コントロールパネル等にある電源オプションや省エネルギーに関する設定をパフォーマンス重視の設定に変更して頂く事で改善する事もございます。詳しくはご使用になられるパソコンのメーカー等にお問い合わせください。

またUSB HUBを通して接続している場合にはパソコンのUSBポートに直接差してご使用ください。

DolbyやDTSの再生に対応していますか?

対応いたしておりません。2ch(ステレオ)のPCM及びDSDのみ対応となります。

パソコンの電源をOFFにしてもHP-A4の電源LEDが消灯しないのですが故障でしょうか?

HP-A4の電源はUSBから給電を受ける仕組みですので、パソコンの電源がOFFになっていたとしてもUSBポートから電源が送られてくる限りLEDは点灯します。

これを解除するにはパソコン側で設定を変更して頂くしかございません。

Windows OSではコントロールパネルの電源オプションで変更できたり、PCによっては専用の設定項目が設けられている機種もございます。機種よってはOSでは変更できずに、BIOSの設定変更が必要な製品もあるようです。詳しくはご使用になられるパソコンメーカー等にお問い合わせください。

2種類のデジタルフィルターの違いを教えてください。

音源ソースがPCMやDSDななのかでも変わりますが、大まかにはフィルター1はソースが持つ音をピュア(変化少なく)に再生、フィルター2は自然な響きになるような効果がございます。

劇的に音質を変えるイコライザー的なものではなく、繊細かつ微細な効果です。

Windows7にてUSB Audio Driverをインストール後に本製品をUSB接続すると、エラーが表示されます。

Windowsアップデートを実行してOSを最新の状態にしてください。

USB接続時に、再生しているファイルと異なるサンプリングレートのインジケーター(LED)が点灯しています。

ご使用される再生ソフトウェアの仕様・設定や通信経路によって挙動が変わります。

WindowsOSの場合、DS(ダイレクトサウンド)等を選ばれて通信されている場合には、OSのコントロールパネルにあるサウンド設定で設定されているサンプリングレートに変換されて本機に送信されます。

例えば再生しているファイルが192kHzだったとしても、サウンドの設定が44.1kHzになっている場合には、ダウンサンプリングされた44.1khzになり本機へ送信されているため、インジケーターは44.1khzを表示します。

WASAPIやASIOなど、OSのサウンド設定に依存しない通信形式をご使用いただければ、この問題は回避可能です。

 

ご使用になられる再生ソフトウェアの仕様・設定をご確認ください。

ページトップに戻る