PC Series

PC-2LIVEミニ・ジャム

リスニングとギター練習を簡単に実現する超便利ガジェット

ギター・アンプ・シミュレーターと携帯プレイヤー等を接続し、音量バランスを取りながらステレオ出力可能。

PC-2LIVE

電源不要で2系統ステレオ入力の音量バランスを調整可能です。普段は接続したアクティブ・スピーカーで音楽を聞き、練習をする時にはカラオケを流しながら音量バランスを取ってギター演奏をミックスするなどが可能になります。

標準価格

¥3,500+消費税

特長

PC-2LIVE_IMG2 PC-2LIVE_IMG1

ギター・アンプ・シミュレーターと携帯プレイヤー等を接続し、音量のバランスを取りながらアクティブ・スピーカーで鳴らすことが可能です。

●カラオケに合わせてギターを演奏する際に便利な電源不要で動作する小型・軽量ボリューム・コントローラーです。

本製品自体にはギター及びマイク・アンプやボーカル・キャンセル等の機能はございません。

●ライン信号に対応した2 系統のステレオ入力を搭載。ミックス・バランスと全体の音量調整しステレオ出力が可能です。

●ギター・アンプ・シミュレーターと携帯オーディオ・プレイヤーやリズムマシン等を接続し、ギターの演奏音と再生音の音量バランスを調整して弊社PMシリーズなどのアクティブ・スピーカーへ出力することが可能です。

●INPUT Aのステレオ標準フォーン入力にはSTEREO/MONO切替スイッチを装備。ギター・アンプ・シミュレーター等、接続する機器に合わせた設定が可能です。 ※入力端子の仕様はTRSです。接続する機器によって別途ケーブルをご用意ください。

●簡易ライン・ミキサーとしても使用可能です。

●デスクトップでも安定した操作が可能で、堅牢性にも優れた金属製ボディを採用しました。

PM30G&GT_Desktop02

本格的なミキサーは必要ありません。

ギター・アンプ・シミュレーターと携帯プレイヤーを接続し、お気に入りのミュージシャンの曲に合わせて自分のギターでジャム・セッション?!もデスクトップで手軽に実現可能です。

●接続例(弊社PM0.3へ接続する場合)

PM30G_PC-2LIVE_WIRE

PC-2LIVEのINPUT Aにギターアンプ・シミュレーターを接続。INPUT Bには携帯プレーヤー等を接続。OUTPUTを弊社PM0.3等のアクティブ・スピーカーのINPUTへ接続。バランスノブでINPUT A/Bの音量差を、ボリュームノブで全体の音量を調整します。

PC-2LIVEは様々なシーンで活用できます。

PC-2LIVE_SELECTOR

PC-2LIVE接続例その2

PC-2LIVEはオーディオ・セレクターとしても使用可能。

例えば一つのアクティブ・スピーカーでTVの再生音と携帯プレイヤーの再生音の切り替えが可能です。

・接続例ではTVの外部音声出力をINPUT Aに接続、携帯プレイヤーのヘッドホン出力をINPUT Bに接続。TVの再生音のみを聞きたい場合には、バランスノブをINPUT A側に、携帯プレイヤーの再生音のみを聞きたい場合にはINPUT B側に絞りきることで、セレクターとしても機能します。

※再生機器の出力が大きい場合には若干の音漏れがする事がございます。

もちろん、バランスノブを絞りきらずに、両方の再生音をミックスする事も可能です!

ページトップに戻る

仕様

主な仕様

入出力
入出力端子

入力A:Φ6.3mm ステレオ標準フォーンジャック

入力B:Φ 3.5 mm ステレオ・ミニジャック

出力端子

出力L/R:RCAピンジャック

一般
外形寸法

W66 mm×H44 mm×D70 mm(突起物含む)

質量

約190g

付属品

オーディオケーブル(ステレオミニプラグ/0.8 m)×1

オーディオケーブル(RCAピンプラグ×2/1.5 m)×1

使用上の注意

※本製品にギターやマイクを直接接続することはできません。ギター・アンプ・シミュレーターやエフェクター、マイクプリアンプ等のラインレベルの出力が可能な機器を通して接続してください。
※バランス調整は接続する再生機器の出力レベルによって、どちらか一方の入力に回しきった場合でも若干の音が漏れ聞こえる事がございます。

※本製品は欧州RoHS指令に対応しております。
※製品の仕様及び外観などは改良のため将来の予告なく変更することがあります

ページトップに戻る

製品資料

各種製品資料をダウンロードいただけます。
PDF ファイルをご覧いただくには Acrobat Reader が必要です。

取扱説明書、製品仕様書、製品画像は、営利・非営利問わず無料でご使用いただけますが、著作権は弊社に帰属しています。
(使用に関しては許諾申請及び商品名などのクレジット表記は必要はありません)
販売、賃貸、賃与、再配布などの行為は禁止します。また、製品本体の販売の妨げになるような使用は禁止します。

ページトップに戻る