PM-SUB Series

PM-SUBn(MB)アクティブ・サブウーハー

PM-SUBn(MB)

PM0.4n/PM0.4dにベストマッチの密閉型アクティブ・サブウーハー。

標準価格

¥32,000+消費税(1台)

特長

●20cmロングストロークウーハーを専用68Wハイパワーアンプで駆動。PM0.4n/PM0.4dにベストマッチの密閉型アクティブサブウーハーです。

 

●前面バッフルにマットブラック仕上げの高音質木製キャビネットを採用しました。

 

●PM0.4n/PM0.4dとの接続では小型システムでは不足がちな低音域を音量/帯域ともに拡大、低域に余裕のあるPM0.5n/PM0.5dとの接続では、更なる質感/音場感の向上を実現しました。

 

●DTM環境からPCシアター、薄型テレビを利用したリビングシアター、ゲームまで幅広い用途にご利用いただけます。

 

●入出力にRCAピン及びフォーン端子を採用。接続用ステレオRCAピンケーブル(1.5m)、ステレオミニ-RCAピンケーブル(1.5m)、フォーン-フォーンケーブル(2m)×2 本を付属し、PM0.4n/PM0.5n はもちろん、PC などとの接続もケーブルを追加購入することなく可能です。

 

●音量とクロスオーバー周波数を調整(50~150Hz)、さらにフェイズ切替により使用環境に合わせたチューニングが可能です。

ページトップに戻る

仕様

主な仕様

スピーカー部
型式

密閉型アコースティック・サスペンション

使用スピーカー

20cm コーン型( 簡易防磁型)

定格インピーダンス

8 Ω

アンプ部
定格出力

68W

再生周波数特性

20Hz~150Hz(-10dB)

入力端子(INPUT)

φ 6mm TS フォーンジャック
RCA ピンジャック

入力感度

100mV

入力インピーダンス

20k Ω以上(THRU OUT 未接続時)

出力端子(THRU OUT)

φ 6mm TS フォーンジャック
RCA ピンジャック

機能

フェイズ切り換え(0° / 180° )
クロスオーバー調整(50~ 150Hz)
音量調節

一般
外形寸法

300(W)x301.2(H)x364(D) mm

質量

約11.6kg

電源/消費電力

AC 100V / 60W

付属品

ステレオRCAピンケーブル(1.5m)、ステレオミニ- RCAピンケーブル(1.5m)
フォーン-フォーンケーブル(白/2m)、フォーン-フォーンケーブル(赤/2m)

※本製品は欧州RoHS指令に対応しております。

ページトップに戻る

製品資料

各種製品資料をダウンロードいただけます。
PDF ファイルをご覧いただくには Acrobat Reader が必要です。

取扱説明書、製品仕様書、製品画像は、営利・非営利問わず無料でご使用いただけますが、著作権は弊社に帰属しています。
(使用に関しては許諾申請及び商品名などのクレジット表記は必要はありません)
販売、賃貸、賃与、再配布などの行為は禁止します。また、製品本体の販売の妨げになるような使用は禁止します。

ページトップに戻る

よくあるご質問

他社製のスピーカーやAVアンプ(プリメインアンプ)と接続して使用することができますか?

 

本製品は弊社のアクティブスピーカーPM0.4/PM0.5シリーズとの接続にマッチするように設計されております。

他社製アクティブスピーカーやAVアンプと接続してご使用頂く事は可能ですが、お繋ぎになられる製品の組み合わせによっては、レベル マッチングが合わず正常に動作できない、本来の性能が得られない、音の繋がりが不自然に感じられるなどの不都合が生じる可能性がございますので、ご承知の上でご使用ください。

 

ご注意!!

AVアンプのプリアンプ出力回路にバッファーアンプが付いていない製品と接続されますと、アンプが故障したり、動作不具合が発生する場合がございま す。メイン出力から単に分岐させているだけの簡易型プリアンプ出力の製品ではバッファーアンプが付いていない場合がございますので、ご使用になるアンプ メーカーに仕様のご確認お願いいたします。

 

弊社では他社製品との組み合わせでテストは行っておりませんので、あらかじめご了承の上ご使用になられますようお願い申し上げます。

 

プリアンプにはサブウーハー出力の端子が1つしか無いのですが、PM-SUBn側の入力端子はL/Rの2つあります。どうのように接続すれば良いのでしょうか?

 

PM-SUBn側の入力端子LかRのどちらか一方に接続してください。L/R両方の端子に接続する必要はありません。

プリアンプ等に搭載されているサブウーハー出力の多くは内部でL/Rの信号をミックスして出力しています。PM-SUBnも同様に内部でL/Rの信号をミックスしています。

一般的に低音域について人間の聴覚は定位を感じ難いとされているため、サブウーハーはモノラルで再生する事が多いためです。

※低音域に定位が無いと言う事ではございません。システムによってはサブウーハーをステレオで使用する事もございます。

 

ページトップに戻る