CR500 ソフトウェアバージョンアップ

注意事項(免責事項)

お客様がダウンロードしたファイルでのバージョンアップ及びソフトウェアのご使用は、 全てお客様の自己責任 においての作業をお願いいたします。この作業によりお客様にいかなる損害が発生した場合でも弊社は一切の責任を負いません。尚、 お電話・FAX等 での具体的な手順/操作方法などの お問い合わせには一切お答えできません のでご容赦下さい。

 

※バージョンアップ作業が上手く出来ない場合や、作業に自信の無いお客様は、弊社のバージョンアップ・サービス(有償)をご利用ください。

お問い合わせ

 

※バージョンアップの作業手順等に関するご質問にはお答えできません。

対象製品:CR500

CR500 ソフトウェア Version 1.23

Version 1.23 更新内容 

・BWF(UDFフォーマット)記録したCDが特定環境下のWindows XPで認識できない不具合を修正しました。

・その他、細かなバグを修正

更新履歴

Version 1.11 ダウンロード

・USBキーボード使用時、SHIFT+Dで大文字の”D”にならずに”E”になっていた不具合を修正しました。 また、Caps Lockで大文字が入力できない不具合を修正しました。

Version 1.10 ダウンロード

・CD-DA記録において、記録中にSHIFTキー+RECORDキーを押すことで、記録しながらトラックナンバーが繰上がるトラック・インクルメント機能を追加しました。
注意:CR500以外のCDプレイヤーで再生した場合には、トラック間で約100msec.の無音区間が発生します。CR500で再生する場合には無音区間は発生せず連続して再生されます。
・CD-R/WディスクにDisc at once記録されたCD-DAを再生した場合に、各トラックが約27msec.短く再生されていた不具合を修正しました。