MR-8mkII ソフトウェアバージョンアップ

注意事項(免責事項)

お客様がダウンロードしたファイルでのバージョンアップ及びソフトウェアのご使用は、 全てお客様の自己責任 においての作業をお願いいたします。この作業によりお客様にいかなる損害が発生した場合でも弊社は一切の責任を負いません。尚、 お電話・FAX等 での具体的な手順/操作方法などの お問い合わせには一切お答えできません のでご容赦下さい。

 

※バージョンアップ作業が上手く出来ない場合や、作業に自信の無いお客様は、弊社のバージョンアップ・サービス(有償)をご利用ください。

お問い合わせ

 

※バージョンアップの作業手順等に関するご質問にはお答えできません。

対象製品:MR-8mkII

MR-8mkII ソフトウェア Version 1.05

Version 1.05 更新内容 

・ファンタムをONに設定した際の動作を安定させるための修正を行いました。

バージョンアップの方法

下記のバージョンアップ作業手順書をもとにバージョンアップ作業を行ってください。

更新履歴

Version 1.04 ダウンロード

・コントラストを薄くしすぎると、Power OFF/ONで元のコントラスト値に戻ってしまう不具合を修正しました。
・Bounce New Songで作ったSongのADLファイルのEVENT_LISTのTABの数が間違っている不具合を修正しました。
・WAVファイルの終端以降の時間まで再生するエントリがあった場合に、動作が不安定になってしまう不具合を修正しました。
・MR-8で作成したSONGにMR-8mk2で録音すると、MR-8で作成したWAVファイルが消えてしまう不具合を修正しました。
・USB-DEVICEモード時に転送エラーが起きる場合がある不具合を修正しました。

Version 1.03

・録音の直後にロケート→Undo操作を連続して行うと動作が不安定になる不具合を修正しました。
・起動時にレベルメータがMaxまで振れてしまう場合がある不具合を修正しました。
・Rhythm GuideのTempoパラメータが100bpm以上だとセーブされない不具合を修正しました。
・一部のコンデンサー・マイクロホンとの組合せでノイズが発生してしまう場合がある不具合を修正しました。

Version 1.02

・弊社サービス部門で使用する動作確認モードの修正を行ないました。※お客様がご使用される上での変更はございません。
・USB-HOST対応ドライブ“BUFFALO CRW-L40U2”への対応ドライバーを更新しました。

Version 1.01

・Bounce NewSong時に「Failed」と表示され実行できない場合がある不具合を修正しました。
・編集や録音を繰り返す事によりADLファイルのサイズが大きく(64kByte~)なった場合に動作が不安定になる不具合を修正しました。