CW Series

CW200Dアクティブ・サブウーハー

  • CW200D_angle_620x394

  • CW200D_front_620x394

  • CW200D_with_net_620x394

    グリルネット装着時

  • CW200D_rear_620x394

    背面

超低域の再現能力が向上した音楽専用アドオン・サブウーハー

CW200D

標準価格

¥64,800+消費税(1台)

特長

密閉キャビネット

PWMアンプ特性を生かすため密閉キャビネットは、上級機CW250D同様に超低域を正確に再生するためのキャビネットです。基本設計は、剛性を確保した密閉型で、共振を分散する構造を取ることです。豊かな音場感と深く沈み込む低音を実現するために、バッフル板には2 種類の特性の異なる材料、18 ㎜ CE 合板(楠木/ ユー カリ合板)と15 ㎜ MDF を再合板して剛性と損失を両立し、その他は共振を分散し付帯音が少ないMDF(18mm)を使用しています。

25 ㎜ロングストローク高能率20cm ウーハー

5 弦コントラバスの最低音32Hz を十分に再生し、パイプオルガンの16Hz をも感じられます。ウーハーはBKP パルプとケブラーの混抄による高性能振動板を強力な磁気回路(0.9 テスラ)により駆動しています。エッジには耐久性が高く、軽量、内部損失の大きいSBR 系発泡ゴムを使用し固有音の低減を図っています。

音楽の楽しさと感動を演出する多彩な接続方法

・アンプのプリアウト出力を本機のLINE INPUT へ接続する。
・アンプのスピーカー出力を本機のSPEAKER INPUT へ、本機のSPEKER OUTPUTよりスピーカーシテムに接続する。
・スピーカーシステムとアンプの接続は通常に行い、L、R 側から本機のSPEAKER INPUT へ接続する。またL 側、R 側
それぞれに本機を1台ずつ、合計2 台使用してステレオ再生を行う。

・低域にも方向性が有るため左右に1台ずつ使うと、コンサートホールの臨場感が再現されます。

接続方法

図の接続方法①~②のいずれかを選択して接続します。接続方法①は、端子の極性表示(赤+、黒-)にしたがって結線を行ってください。なお、SPEAKER (HIGH LEVEL)INPUT 端子はバランス回路で構成されていますので、アンプの出力段がBTL 回路などでも安全に接続できます。

 

接続方法①

メインスピーカー(Rch側)のスピーカー端子とCW200D のSPEAKER (HIGH LEVEL) INPUT (R) を付属平行コードで接続。

接続方法②

アンプのPRE OUT(R) とCW200D のLINE INPUT (R) を付属ピンコードで接続。

CW200D_setsuzoku

※必ずアンプの電源を切ってからコードを接続して下さい。

 

 

ページトップに戻る

仕様

主な仕様

アンプ部
形式

アンプ内蔵ウーハー

実用最大出力

150W(JEITA4Ω)

入力端子

LINE IN( RCA ピン L-mono/R)入力インピーダンス 22kΩ

SPEAKER IN入力インピーダンス3kΩ以上(バランス受け)

出力端子

SPEAKER OUT(THRU)

機能

PHASE(0°/180°)

クロスオーバー(50~150 Hz)

音量調整

スピーカー部
形式

密閉型アコースティック・サスペンション

使用スピーカー

20cmコーン形(簡易防磁型)

総合
最大出力音圧

100dB/60Hz(全空間)85dB/30Hz(全空間)(床置きは+6 dB)

再生周波数帯域

20Hz~220Hz(-10dB)(LOW PASS FREQ.150Hz時)

消費電力

40W(無信号時:10W)

外形寸法

300(W)×320(H)×370(D)mm(グリル、端子等突起部含む)

質量

約13.1kg

付属品

スピーカーコード(3 m)× 1 本

ピンコード(3 m)×1本

電源コード(2m)×1本

外形寸法図

CW200D

ページトップに戻る

製品資料

各種製品資料をダウンロードいただけます。
PDF ファイルをご覧いただくには Acrobat Reader が必要です。

取扱説明書、製品仕様書、製品画像は、営利・非営利問わず無料でご使用いただけますが、著作権は弊社に帰属しています。
(使用に関しては許諾申請及び商品名などのクレジット表記は必要はありません)
販売、賃貸、賃与、再配布などの行為は禁止します。また、製品本体の販売の妨げになるような使用は禁止します。

ページトップに戻る