Folded Diaphragm Tweeter

T360FDFolded Diaphragmツイーター

フォステクスでは初となる
Folded Diaphragm方式を採用したツイーター

T360FD

標準価格

¥49,500(税込)/1台

特長

Folded Diaphragm

コーン、ホーン、ドーム、RP、どれとも違う「Folded  Diaphragm」の音響状態は、音楽再生の新たな扉を開きます。力強く存在感のある高密度な音像の形成を得意とし、ロックやメタルの表現は特筆モノです。使用下限周波数は約2.5kHzと決して低くはありませんが、10cm、16cmのウーハーにも、16cm、20cmのフルレンジにも組み合わせられる、広範囲な再生帯域を有します。

T360FD_05_350x350

使用イメージ

音響設計

振動板を支える磁気回路及び筐体は、周波数特性などの規格はもとより、完成品の音響状態を重視して形状寸法はもちろん、材質も十分に吟味して設計しています。

金メッキターミナル

音響性能を存分に発揮する為に、入力端子には金メッキを施した端子(#205 t0.8)を採用しました。また、接続用に金メッキを施したファストン端子(#205 t0.8)を圧着したコード(SFC103の芯線)を付属しています。

振動板と発音の原理

Folded Diaphragmは、PIの基材にボイスコイルの巻き線に相当するアルミのパターンを形成しており、規則的に折り畳んだ時に向かい合う垂直面にそれぞれ反対方向に電流が流れる様にパターンを配しています。発音の原理は、磁束を受けて振動板の向かい合う垂直面が対向して動くことで、垂直面に挟まれた空間の空気が押し出され/引き込まれることで音波が発せられます。

T360FD_hatsuongenri

ページトップに戻る

仕様

主な仕様

インピーダンス

4.0 ohm

再生周波数帯域

2k to 45kHz(-10dB)

出力音圧レベル

93.5dB/W(1m)

入力

15W

推奨クロスオーバー周波数

2.5kHz以上(12dB/Oct)

マグネット重量

45g(NEODYMIUM)

総質量

340g

バッフル開口寸法

φ68

周波数特性

t360fd_tokusei

外形寸法

t360fd_sunpouzu

ページトップに戻る

製品資料

各種製品資料をダウンロードいただけます。
PDF ファイルをご覧いただくには Acrobat Reader が必要です。

取扱説明書、製品仕様書、製品画像は、営利・非営利問わず無料でご使用いただけますが、著作権は弊社に帰属しています。
(使用に関しては許諾申請及び商品名などのクレジット表記は必要はありません)
販売、賃貸、賃与、再配布などの行為は禁止します。また、製品本体の販売の妨げになるような使用は禁止します。

ページトップに戻る