RP Series

T60RPRPステレオ・ヘッドホン

  • T60RP_bottm_VGP_620

    T60RP

  • T60RP_main_620

    斜め

  • T60RP_front_620

    正面

  • T60RP_side_620

    横面

  • T60RP_top_620

    上面

ウッドハウジング採用&バランス接続対応し、新たなるRPサウンドを実現したシリーズ集大成モデル。

T60RP

標準価格

¥32,000+消費税

T60RP_banner_20171214

フォステクス伝統の平面(全面)駆動型振動板(RP振動板)を
搭載したヘッドホンシリーズの最新バージョン。
モニターヘッドホンとして、プロの録音現場で認められたクオリティを
リスニング用途に再調整を施し、
新たなるRPサウンドを実現したシリーズ集大成モデル、
-RP [Regular Phase] ステレオ・ヘッドホン-
T60RP、誕生。

特長

01_351670_assy

高耐熱ポリイミドフィルムをベース材に銅箔エッチングを施した、弊社独自のRP振動板を搭載。

ドライバーユニットにはネオジムマグネットを採用、広い再生帯域を持ち、優れたトランジェント特性と3000mW までの高い耐入力を実現しています。

 

T60RP_bottm_housing

ハウジングにはウッドハウジングを採用。

ウッドハウジング(アフリカンマホガニー)を採用し、RP 振動板の繊細な表現力に深みが加えられた豊かな音質をお楽みいただけます。

RP_magnetfield

ヨークには炭素含有量を従来の半分以下とした素材を新規採用、磁気伝達の効率化を実現。

RP方式の磁気回路の大きな特長として、“上下のマグネットを反発させることで大きな有効磁束密度を得て、その間に振動板を挟みこむ”という点が上げられます。これにより、RP方式の磁気回路は“振動板の振動方向に対して、対称の磁束密度分布を得る”ことが可能となっており、圧倒的なリニアリティーを得る事に成功しています。

EX-EP-RP60_web

低反発アラウンドイヤー型イヤーパッドを採用。

装着感を追求したアラウンドイヤー型イヤーパッドを採用し、長時間にわたるリスニングでも快適にご使用いただけます。

ET-RP3.5UB_&_6.3connector_web

使用環境に合わせて使い分け出来る、バランス接続にも対応。

ケーブルには高音質OFC 導体を採用。全帯域において解像度が高く、切れの良いサウンドを実現しています。

また、別売で3種類のバランスケーブルも発売。(φ2.5:ET-RP2.5BL、φ4.4:ET-RP4.4BL、XLR:ET-RPXLR

ページトップに戻る

仕様

主な仕様

形式

セミオープンRPダイナミック型

再生周波数帯域

15〜35,000Hz

インピーダンス

50Ω

感度

92dB/mW

最大入力

3,000mW

本体質量

約380g(コード含まず)

付属品(ケーブル長)

φ3.5mm(4極)⇔ φ 3.5mm (3極)ステレオフォーン・ケーブル( 1.5m)× 1、 φ3.5mm →φ6.3mm ステレオ
フォーン変換コネクタ×1、専用ポーチ×1、ステッカー×1、取扱説明書兼保証書×1

※ヘッドホンをご使用になる時は、耳を刺激しないよう長時間の使用を控え、適度な音量でご使用ください。
※本製品は欧州RoHS指令に対応しております。

ページトップに戻る