AP Series

AP05パーソナル・アンプ

  • AP05_04

  • AP05_02

  • AP05_01

  • AP05_03

  • AP05_05

    付属品

AP05

手軽にPCや携帯プレーヤーなどをスピーカーに接続して鳴らすことのできるシンプルな超小型パーソナル・アンプ。

標準価格

¥5,600+消費税

特長

●カードサイズのコンパクトな5W+5Wのアナログアンプです。PCやメディアプレーヤーなどの各種音楽ソースを入力し、スピーカー端子に<P800K+P800-E>や<P1000K+P1000-E>などのスピーカーを接続するだけ。もちろん、接続用のステレオミニケーブル(0.8m)とスピーカーケーブル(1.5m)×2本やACアダプターも付属しています。

 

●エコデザイン指令と呼ばれるEUの環境配備設計ErP指令に対応。一定音量以下の状態が約15分間続くと、自動的にスタンバイモードに切り換わり、パワーインジケーターが緑の点灯から赤の点灯に変化し、消費電力を約0.4Wまで下げます。スタンバイモードにおいて再び入力信号が入ると、自動的に電源がオンになって音楽が楽しめます。

接続例

AP05_conect_preview

チャンネルデバイダーと組み合わせて使用される場合の注意

AP05_divider_connect_3

弊社製品「ステレオ2WAY型チャンネルデバイダー EN15」や2014年11月19日発売[ONTOMO MOOK]「マルチアンプによるスピーカーの楽しみ倍増法」に付録のステレオ2WAY型チャンネルデバイダーと本機を組み合わせてご使用される時は以下の点にご注意ください。

●本製品はEUの環境配慮設計ErP指令に対応したスタンバイ・モードを搭載しています。無信号状態(信号が微小である場合を含む)が約15分続くと、自動的にスタンバイ・モードに切り替わり、出力を停止します。

●本機を2台使用する時は方チャンネルに1台(Hi/Lo)で使用することにより、スタンバイ・モードに切り替わりにくくなります(再生する音楽や組み合わせる機器によってはスタンバイ・モードに切り替わることがあります)。

●マルチアンプをお試しになりたい場合はスタンバイ・モード非搭載で、よりパワーも大きいAP15dをお勧めいたします。

ページトップに戻る

仕様

主な仕様

定格出力

5W+5W(8Ω負荷時)

適合スピーカーインピーダンス
8Ω~16Ω
全高調波歪率

0.1% 未満 (1W 出力、8Ω 負荷、1kHz)

S/N比

80dB以上

入力端子

ステレオ・ミニジャック/入力感度:630mV

電源

DC12V(専用ACアダプター付属)

消費電力

約22W(5W+5W出力時)/0.4W(スタンバイ時)

外形寸法

86mm(W)×26mm(H)×67mm(D)※最大突起物含む

本体質量

200g

付属品

ACアダプター×1ヶ、スピーカーケーブル(1.5m)×2ヶ、ステレオミニケーブル(0.8m)×1ヶ

使用上の注意

※ 本機の入力端子に接続される機器のノイズレベルによっては、オート・スタンバイ機能が正常に動作しない場合があります。

※ 再生機側の音量を絞り気味にして使用している場合にはスタンバイモードが動作してしまう場合がございます。その場合には再生機側の音量を上げる事で改善する場合がございます。

※本製品は個人が私的に使用されることを前提とした製品です。業務・設備用途など、一般家庭環境以外でのご使用につきましては動作の保証ができない場合がございます。

※電源のON/OFFは本体の音量ボリューム兼用の電源スイッチで行ってください。外部に設けたスイッチ等で電源をON/OFFすると本製品や接続したスピーカーを破損する恐れがございます。

※本製品は欧州RoHS指令に対応しております。

ページトップに戻る

製品資料

各種製品資料をダウンロードいただけます。
PDF ファイルをご覧いただくには Acrobat Reader が必要です。

取扱説明書、製品仕様書、製品画像は、営利・非営利問わず無料でご使用いただけますが、著作権は弊社に帰属しています。
(使用に関しては許諾申請及び商品名などのクレジット表記は必要はありません)
販売、賃貸、賃与、再配布などの行為は禁止します。また、製品本体の販売の妨げになるような使用は禁止します。

ページトップに戻る

よくあるご質問

適合スピーカーインピーダンスの範囲外のスピーカーを接続したらどうなりますか?

AP05が故障する可能性がございますのでお止めください。

特に適合スピーカーインピーダンス値以下(8オーム以下)のスピーカーユニットを接続されますと、最悪の場合にはAP05が発熱・発火する可能性がござますので、絶対に接続してご使用されないでください。

 

適合スピーカーインピーダンス値以上(16オーム以上)のスピーカーユニットを接続された場合には、音量が小さい、音質が落ちるなどの症状がおこる可能性がございます。

 

適合するインピーダンスのスピーカーユニットをご使用ください。

スピーカー出力端子の先にセレクターを接続して複数のスピーカーを切り替えて使用できますか?
スピーカー出力端子には適正なインピーダンスのパッシブスピーカー以外のものを接続しないでください!!
スピーカー切り替えスイッチ等を接続いたしますと故障の原因となります。

スピーカー出力端子の黒(-)側は、左右共通回路ではございません。
スピーカー出力端子の黒(-)側は、シャーシグランドとも共通ではございません。

赤(+)側だけを切り替えるセレクターや、黒(-)とシャーシグランドが共通になっている機器とスピーカー端子を接続しますと故障の原因となります。

接続の切り替えは、ケーブルの差替えを行っていただきますようお願いいたします。

また、1つのスピーカーに対して複数のアンプに接続(配線)することも行わないようお願いいたします。

 

ページトップに戻る