G Series

G1003MGスピーカーシステム

  • G1003MG_black_front+naname_620×394

    PB:ピアノブラック

  • G1003MG_red_front+naname_620×394

    WR:ワインレッド

  • G1003MG_black_naname_net_620×394

    PB:グリル装着時

  • G1003MG_red_naname_net_620×394

    WR:グリル装着時

  • G1003MG_black_back

    BK:背面

スピーカーの存在は消え、アーティストの鼓動が現れる。

G1003MG

”高忠実度再生” そして、 ”音楽の感動・心の表現”

2つのテーマを追求するGシリーズに、新たな3Wayフロアースタンディングスピーカーが誕生しました。

全ドライバーに純マグネシウム振動板を採用し、エンクロージャー、ネットワークも、幾度のヒヤリングを繰り返し、スムーズでナチュラル、シームレスな音質を実現しました。
本体色:
PB:ピアノブラック/WR:ワインレッド

標準価格

¥450,000+消費税(1台)

特長

tweeter woofer_620x394

ツィ―ター外観 (振動板保護用のネットを外しています)                    ウーハー& ボトムウーハー外観

●定評のある純マグネシウム振動板(純度99.9%)を全ドライバーに採用

 

 

ツィーターに20mmリッジドーム形状純マグネシウム振動板[※ 1] を、ウーハーとボトムウーハーには、高剛性で共振を分散する効果の高いHR形状の純マグネシウム振動板[※ 2] を採用し、全ドライバーの振動板素材の同一化を実現しました。 そのため、 振動板自体の音色を揃えることができ、各楽器の響きと余韻がナチュラルに再現され、サイズを感じさせない魅力的な低音再生を実現しました。

G1003MG_ridge

[※ 1]異型断面形状とした独自開発の純マグネシウム振動板。

G1003MG_HR

[※ 2] HR(Hyperbolic Paraboloidal Rotation)形状の独自開発の純マグネシウム振動板。

frame_

新開発の亜鉛ダイキャストフレーム

●ウーハーとボトムウーハーに、新開発の高比重亜鉛ダイキャストフレーム採用

内部損失が大きく、 クセのない純マグネシウム振動板の利点を活かすため、フレーム素材に注目しました。 従来のアルミダイキャストフレームよりも比重の高い亜鉛ダイキャストフレームを使用する事により、振動板振幅の反作用による振動が、エンクロージャーから音場空間に伝わりにくくなり、 音の消え行く静寂感をリアルに感じることが出来ます。

 

◎比重/アルミ2.69 : 亜鉛7.13
◎質量/アルミダイキャストフレーム172g : 亜鉛ダイキャストフレーム310g

G1003MG_red_front+front

●スリムなエンクロージャー

設置し易さを考慮し、 エンクロージャーはスリムなフロアースタンディング型としました。 バッフルには、33mm 厚に積層した響きの良い音響専用のCE合板[※ 3]( 楠 / ユーカリ合板)を採用し各ドライバーを強固に支え、 響きを揃えるため天地左右にCE 合板(18mm)を採用。背面には振動を適度に減衰させる目的からMDF(15mm)を採用しました。 また、エンクロージャー底面とベースボードの間を空けることにより、 底面からの放射が抑制されることなく、
立体的な音場表現を実現しました。

 

[※3] CE合板 :フォステクスが開発した合板、堅い楠を縦目に、柔らかいユーカリを横目に配置した音響専用合板です。

ページトップに戻る

仕様

主な仕様

形式

3Wayバスレフ型(クロスオーバー:200Hz、2kHz)

使用ユニット :

・ 20mmリッジドーム形状純マグネシウムツィーター(高音用)
・ 10cmHR形状純マグネシウム振動板ウーハー×2台(低音用)
・ 10cmHR形状純マグネシウム振動板ボトムウーハー×1台(低音用)

再生周波数帯域

45Hz~35kHz

出力音圧レベル

86dB/W(1m)/2.83V入力時87.5dB/(1m)

インピーダンス

6Ω( 最小値 4.2Ω/200Hz)

最大許容入力

100W

外形寸法

204(W)×1054(H) ×322(D)mm

総質量

23.8kg

仕上げ

全面PE ピアノ光沢塗装仕上げ (WR) (PB)

外形寸法

G1003MG_size

ページトップに戻る