HP Series

HP-A4BLD/Aコンバーター&ヘッドホンアンプ

  • HPA4BL_naname

  • HPA4BL_front2

  • HPA4BL_front1

  • HPA4BL_back

    リアパネル

バランス・ヘッ ドホンを手軽に楽しめる新しいスタンダードモデル

HP-A4BL

DAC内蔵ヘッドホン・アンプHP-A4をベースに生まれた、バランス・ヘッドホンを手軽に楽しめる新しいスタンダードモデル。

標準価格

¥48,000+消費税

特長

●XLR (4極) バランス出力端子を装備。
●新開発オーディオ用コンデンサーを採用。
●低位相雑音高精度クリスタル(水晶発振器)を採用。
●24bit/192kHz までのリニアPCMオーディオ及び11.2MHzまでのDSDオーディオを再生可能。

※MacOSでご使用される場合はDSD5.6MHzまでの対応となります。
●高性能DAC(バーブラウン製 PCM1792A)を搭載。
●USB AUDIO2.0 対応による192 kHz/24 bit アシンクロナス対応。
●HI/LOのゲイン切替(10dB)で幅広いヘッドホンに対応。
●音源に合わせてロールオフ特性やカットオフ周波数を切り替えられるデジタルフィルターを搭載。

ページトップに戻る

仕様

主な仕様

<入力>
[USB]端子
インターフェイス

USB2.0 ハイスピード

対応サンプリング周波数

・PCM:44.1 kHz、48 kHz、88.2 kHz、96 kHz、176.4 kHz、192 kHz

・DSD:2.8 MHz、5.6 MHz、11.2 MHz ※MacOSは5.6MHzまで

対応量子化ビット長

16、24 ビット

対応OS

WindowsXP(32Bit版SP2以降※64bit版は非対応)/Vista/7/8/8.1/10(FOSTEX USB Audio Driverのインストールが必要です)

MacOSX10.6~

※パブリックベータ等のテスト用バージョンでの動作は保証いたしません。

[DIGITAL IN]端子
コネクター

角形オプティカル

フォーマット

S/PDIF

対応サンプリング周波数

44.1 kHz、48 kHz、88.2 kHz、96 kHz、176.4kHz、192 kHz

対応量子化ビット長

16、24 ビット

<出力>
[PHONES BALANCED]端子
コネクター

XLR-4pin

最大出力

300 mW 以上(32 Ω)

適合負荷インピーダンス

16 ~ 600 Ω

THD

0.04% 以下(at 1 kHz)

周波数特性

20 Hz ~ 80 kHz ± 3dB(32 Ω負荷、100 mW
出力時)

[PHONES UNBALANCED]端子
コネクター

Φ 6.3 mm ステレオ標準ジャック

最大出力

150 mW 以上(32 Ω)

適合負荷インピーダンス

16 ~ 600 Ω

THD

0.04 % 以下(at 1 kHz)

周波数特性

20 Hz ~ 80 kHz ± 3 dB(32 Ω負荷、100 mW
出力時)

[OUTPUT](L, R) 端子(アナログ出力端子)
コネクター

RCA ピンジャック

基準出力レベル

2Vrms(0 dBFS)

適合負荷インピーダンス

10 k Ω以上

THD

0.01 % 以下(at 1 kHz)

周波数特性

20 Hz ~ 80 kHz ± 3 dB(基準レベル)

[DIGITAL OUT]端子
コネクター

角形オプティカル

フォーマット

S/PDIF

対応サンプリング周波数

44.1 kHz、48 kHz、88.2 kHz、96 kHz、176.4kHz、192 kHz

対応量子化ビット長

16、24 ビット

<[microSD]カードスロット(ファームアップ専用)>
フォーマット

FAT32

対応カード

microSD カード(SDHC)、最大32 Gbyte

<一般>
付属品

ACアダプター(× 1)、ゴム足(× 4)、USB ケーブル(1m× 1)

電源

DC12 V、付属のAC アダプター使用

外形寸法

150(幅)× 34(高さ、ゴム足含まず)× 157( 奥行、突起物を含む)mm

質量

約630g

消費電力

4.2W

ページトップに戻る

ソフトウェア

製品を快適にご使用いただくためのソフトウェアをダウンロードいただけます。
使用方法や注意事項をよくお読みのうえ、ご利用ください。

ソフトウェアは、営利・非営利問わず無料でご使用いただけますが、著作権は弊社に帰属しています。 (使用に関しては許諾申請及び商品名などのクレジット表記は必要はありません)
販売、賃貸、賃与、再配布などの行為は禁止します。また、製品本体の販売の妨げになるような使用は禁止します。

ページトップに戻る

製品資料

各種製品資料をダウンロードいただけます。
PDF ファイルをご覧いただくには Acrobat Reader が必要です。

取扱説明書、製品仕様書、製品画像は、営利・非営利問わず無料でご使用いただけますが、著作権は弊社に帰属しています。
(使用に関しては許諾申請及び商品名などのクレジット表記は必要はありません)
販売、賃貸、賃与、再配布などの行為は禁止します。また、製品本体の販売の妨げになるような使用は禁止します。

ページトップに戻る

よくあるご質問

Windows7にてUSB Audio Driverをインストール後に本製品をUSB接続すると、エラーが表示されます。

Windowsアップデートを実行してOSを最新の状態にしてください。

Windows7などからWindows10へアップデートを行った後に使用できなくなりました。

アップデートでWindows10へ移行された場合には、旧OSで使用していたドライバーや設定情報などが上手く引き継がれずにトラブルになっているケースが報告されています。

 

以下の方法をお試しください。

・既存のFOSTEX AUDIO DRIVERをスタートメニューにあるアンインストーラーを使用してアンインストールし、新規に最新のFOSTEX AUDIO DRIVERをインストールする。

・Windows10を新規インストールする。

 

誠に申し訳ございませんが、個々のPCの状況によっては弊社の対応だけでは解決ができない場合もございます。マイクロソフト社やご使用されているPCメーカー等の最新アップデートも合わせてお試しください。

USB接続時に、再生しているファイルと異なるサンプリングレートのインジケーター(LED)が点灯しています。

ご使用される再生ソフトウェアの仕様・設定や通信経路によって挙動が変わります。

WindowsOSの場合、DS(ダイレクトサウンド)等を選ばれて通信されている場合には、OSのコントロールパネルにあるサウンド設定で設定されているサンプリングレートに変換されて本機に送信されます。

例えば再生しているファイルが192kHzだったとしても、サウンドの設定が44.1kHzになっている場合には、ダウンサンプリングされた44.1khzになり本機へ送信されているため、インジケーターは44.1khzを表示します。

WASAPIやASIOなど、OSのサウンド設定に依存しない通信形式をご使用いただければ、この問題は回避可能です。

 

ご使用になられる再生ソフトウェアの仕様・設定をご確認ください。

 

ページトップに戻る